「メレンゲを泡立てるのって時間がかかるから大変!」

と思っている人は多いんじゃないでしょうか?



メレンゲはお菓子作りの時によく出てくるワードですよね?メレンゲは卵白を泡立てたものになるんですけど・・・

これを泡立てるのが大変なんですよね(´;ω;`)

今はハンドミキサーなどがあるので時間はそんなにかからなくなったんですけど、調理実習の時に手動でメレンゲ作りした時は腕がパンパンになりました。(笑)

こんな感じでメレンゲを泡立てるのに使う物は

・ハンドミキサー

・手動泡立て器

だと思うんです。

でも、今回はほいっぷるんという泡立て器を加えた上でメレンゲの最短の作り方を紹介していきます。

みなさんのお菓子作りの時にきっと役立つのでぜひ、読み進めていってほしいです!

スポンサーリンク

メレンゲの泡立て器は3種類ある!


メレンゲの泡立て器は3種類あります。

・ほいっぷるん

・ハンドミキサー

・手動泡立て器

この3つですね。みなさんはハンドミキサーと手動泡立て器は使ったことがあったり、見たりということはあるかもしれませんが、ほいっぷるんって何?という人はいると思います(^^)/

なので、ここではこの泡立て器3種類をそれぞれどんなものなのか紹介していきますね。

ほいっぷるん


まず、ほいっぷるんはこういうもので・・・↓



100均で買えちゃうのですごくお得なんです♪お財布に優しいんですよ~

実は、簡単に洗顔の泡立てをできるもので洗顔の泡立てを苦手としている人には人気のものなんです!実は私も洗顔の泡立てがどのくらいできるのか実験して今でも愛用しているので(笑)

よければ、こちらをご覧ください♪


こういった洗顔の泡立てだけが使い道と思いきやメレンゲの泡立てにも使えるとTVやSNSで話題になっているんです。

1回目ダイソーに行った時は売り切れ状態でした。人気の証拠ですね(^^♪


ハンドミキサー


ハンドミキサーはこういうものですね↓


持っている人は少なくはないですね。現在は形・大きさが様々なものが売ってあります。

ハンドミキサーの最大の特徴は電動ということです。

コンセントをさしてスイッチをつけて混ぜるとメレンゲの泡立てができます!簡単ですね(*^^*)

手動泡立て器


手動泡立て器はこういうものですね↓


手動の泡立て器はみなさんが1番目にしたことがあるんじゃないでしょうか?

何か混ぜたり、泡立てる時に活躍しますね。


各泡立て器での作り方



さて、これからはこの3種類の泡立て器でのメレンゲの作り方を紹介しますね。

ちなみにメレンゲは卵の卵白だけを混ぜたものです(^◇^)

ほいっぷるんを使う


手順
1.ほいっぷるんの容器に卵白を入れます。

2.次にふたをしてから赤丸で囲んでいるスティックを上下に動かします。



3.そうすると1分あたりで上の写真みたいな状態になります。

4.メレンゲの出来上がり


実証した私からすると本当に簡単にできましたよ!

ハンドミキサーで楽に混ぜる


手順
1.卵白をボウルに入れる。

2.ハンドミキサーにスイッチを入れ、かき混ぜる。

3.メレンゲの出来上がり


ハンドミキサーは電動なので、腕の疲れは全然なかったです。

手動泡立て器で必死に混ぜる


手順
1.卵白をボウルに入れる。

2.必死に泡立て器で混ぜます。



3.メレンゲの出来上がり


手動だったので終わった時は腕がパンパンでした(笑)正直、疲れましたね~

ここまで、3つの泡立て器でのメレンゲの作り方を紹介しました。でも、どの泡立て器が最短で作れたのか気になりますよね?なので、次で紹介していきますね。

各泡立て器の中で最短で作れたのは?



各泡立て器にかかった時間は・・・

ほいっぷるん・・・3分43秒

ハンドミキサー・・・4分3秒

手動泡立て器・・・12分34秒


この通り、ほいっぷるんが最短でした!!

ほいっぷるんは、メレンゲの泡立ての時間を短縮してくれることが分かりましたね。でも、ほいっぷるんのメリットはこれだけではないんです!

なので、ほいっぷるんのメリット、そしてデメリットも紹介していきます(^^)/

スポンサーリンク

ほいっぷるんって一体、何?


                                                    
ほいっぷるんのことは最初にも少し説明しましたが、ここでは、ほいっぷるんのメリット・デメリットを具体的に紹介していきますね。


メリットは?


メリット

・準備・片付けの時間が早い

・場所をとらない

・安い


1つずつ説明していきます♪

準備・片付けの時間が早い


準備に関しては、パッと取り出すだけ
片付けに関しては、容器とふたを洗剤でゴシゴシと洗って乾かすだけです!

時間があんまり変わらなかったハンドミキサーは取り出して、ミキサーの部分を設置して、コンセントにさしてとほいっぷるんに比べたら手順が増えますよね?
そして、ハンドミキサーの場合、片付けの時ミキサーの部分が洗いづらいということもあります。

そういった準備・片付けの時間も含めてほいっぷるんのほうが早いですよ(^^♪

場所をとらない


ほいっぷるんは、手のひらにのるぐらいのサイズなので収納する場所をとらなくて済みます!

キッチンはごちゃごちゃしやすいので、このくらいコンパクトなほうが助かりますよね?

実際に私もキッチンに置いてますけど全然、邪魔になりませんし棚の隅の小さなスペースに収納できるので助かっています。

安い

ほいっぷるんは、ダイソーに売ってあります。ということは108円で買うことができます!

安いですよね~108円という安さなら手に取りやすいです。

なので私は2個買ってメレンゲ用と洗顔用に分けて使っています(^^)/

デメリットは?


デメリット

一回に泡立てる量が少ない!


一回に泡立てる量が少ない

ハンドミキサーも泡だて器もボウルを使うので好きな量だけ泡立てることができますが、ほいっぷるんは容量が少ないので泡立てる量も少なくなってしまいます(´;ω;`)なので、かなりの量を泡立てたい時はハンドミキサーのほうをおすすめします。

ちなみに私が実験した感じだと、ほいっぷるんは卵2個ぐらいの量が限界かな~と感じました。

そこまでの量がない時はほいっぷるんでも十分泡立てられますよ(^^♪

ちなみに、ほいっぷるんは生クリームや牛乳の泡立てにも役立つとか役立たないとか・・・その情報も気になったので実験してみました。

気になる方は読み進めていってくださいね(^◇^)

生クリームの場合は?


生クリームは

・ほいっぷるん

・ハンドミキサー

この2つで泡立ての時間をはかってみました。気になる結果は・・・

ほいっぷるんの場合


ほいっぷるんで泡立つ時間は2分20秒でした。

時間はほいっぷるんのほうが73秒早かったです。

しかし・・・

生クリームがクリームというよりかたまりになって、ちょっとべたべたした感じでした。




ハンドミキサーの場合


ハンドミキサーで泡立つ時間は3分33秒でした。

こんな感じですね。


この結果から生クリームを泡立てるのにはほいっぷんは向いていないのかなと感じました。生クリームはハンドミキサーを使うことをおすすめします。


牛乳でもできるの?


牛乳を泡立てるのに使ったのは・・・

・ほいっぷるん

・ハンドミキサー

この2つを使って牛乳を泡立てよう」としたんですが、5分経っても全然変化がなくて泡立たなかったです(´;ω;`)

ほいっぷるんの場合


ハンドミキサーの場合



                                                                                                          

どちらのほうもこんな感じで泡立たなかったです・・・

なので、ほいっぷるんでの牛乳の泡立てはおすすめできません(´;ω;`)

スポンサーリンク

おわりに!


今回は、メレンゲの最短の作り方を紹介しましたが、どうでしたか?

確かに、ほいっぷるんは1度に泡立てる量は少ないですが量がそこまでなかったらどの器具よりも手間がかからず早いです。

そして、料理の場合はメレンゲの泡立てだけに役立つことが分かりました☺

なので、ほいっぷるんはメレンゲの泡立てにはおすすめですよ(^^♪

100均グッズにあたる、
このブログで他に多くの方に読まれている
記事は、以下のブログです♪